任意整理と任意売却どちらを選ぶ?【解決事例をチェック!】

任意整理と任意売却どちらを選ぶ?【解決事例をチェック!】

 

任意整理を選ぶ理由

任意整理という方法を選んで住宅ローンなどの債務を整理するときには、任意売却という方法をとることができます。任意売却という方法を選ぶうえでのデメリットはほとんどありませんが、手続きをするためには自分で動く必要があります。競売のように手続きが自動的に始まるわけではありませんので、任意売却という手段をとりたいときには自分で動くことが必要です。

 

任意整理と任意売却どちらを選ぶ?

任意整理をすることによるメリットは様々ありますが、何もせずに放置しておくと任意整理をすることが出来なくなります。任意売却であれば、自らの意思で自宅など不動産の売却をすることができます。競売のように安く買い叩かれることもなく、通常の取引と同じ程度の額で売ることができます。それに通常の売却と同じですから借金のことを他人に知られずに処分することができます。競売の場合には、近所に借金のことを知られる可能性もありますし、裁判所からの強制執行もありますので自分達の都合を考慮して貰うことができません。

 

解決事例をチェック!

競売よりも任意売却のほうが様々な点においてメリットがあります。場合によっては、親子間売買などの方法をとることで、そのまま住み続けることができる可能性もあります。様々なメリットのある任意売却ですが、何もしないでいて裁判所からの強制執行を受けるようなタイミングでは利用することができません。任意整理について興味があるのなら、少しでも早く動くことが必要です。住宅ローンの返済に困っているのなら、少しでも早く任意売却の得意な専門家に相談してみるとよいです。

任意整理の前に知っておくべき事とは?