任意整理をしたら|信用情報や官報に記載されますか?

任意整理をしたら|信用情報や官報に記載されますか?

任意整理をしたら

貸金業者などから融資を受けたときに、返済に困ってしまうことも考えられます。
借金の返済について困難に陥ったときには、法律的な方法によって解決することも可能です。
法律的に借金問題を解決する方法としては任意整理の方法もあり、貸金業者との和解の交渉を行うことによって、利息制限法に基づいた金利に再計算を行って借金の減額を行ったり、支払いが可能になるように返済内容を見直す交渉を行うことで、借金の返済をしやすくする手続きを行うことを任意整理といいます。

 

信用情報や官報に記載されますか?


任意整理には自己破産のような財産を処分しなければならないデメリットもありませんし、裁判所を通さずに債務の整理を行う方法ですので官報に名前が載せられることはありません。
任意整理は自己または専門の法律家に依頼したときには弁護士などに代理人になってもらうことで、貸金業者と交渉を行うことになりますので、第三者に知られることなく手続きを行える借金解決の方法と言えます。
自己破産の場合では借金の支払いを免責できる反面、官報に載せられるなど、様々なデメリットもあるといえます。

 

債務整理のコツ


しかし、任意整理にはそれらのデメリットはなくて、財産を残しながら手続きをしたいときには任意整理の方法がおすすめとなります。
官報に載せられることはありませんのが、任意整理は債務整理の手段のひとつとして、信用情報機関には登録されることになります。
ですので、5年程度の間にわたって住宅ローンをはじめとした様々な種類のローンを組むことや、クレジットカードを作る際にには審査に通れない可能性もあります。

任意整理の前に知っておくべき事とは?