任意整理してもクレジットカードは作れるの?|債務整理中

任意整理してもクレジットカードは作れるの?|債務整理中

 

借金の問題を相談

借金問題を法律的に解決する方法には、債務整理という方法があり、その中のひとつの手段として任意整理があります。
任意整理とは借り入れの取引を開始した時点まで遡って利息制限法の上限金利において、金利を引き直すことで再計算をして、借り入れた金額を減額する和解を消費者金融業者などの貸金業者と締結する方法で、和解内容にそって返済を行って借金を整理するという手続きになります。

 

任意整理してもクレジットカードは作れるの?


任意整理の方法を使うことで自己破産や民事再生を行ったときのようなデメリットを避けることが可能となり、支払っていく借金の金額を減らすことが可能な点が特徴であると言えます。
任意整理の場合であれば、自己破産などとは異なり自動車ローンや住宅ローンや、保証人が付いているような債務については任意整理の対象とはせずに、今まで通りに支払いを続けていくことが可能です。
住宅ローンなどの一定のローン意外の債務について任意整理を行うというように、柔軟に債務を整理することが可能な点も特徴となっています。

 

 

任意整理のメリット・デメリット


メリットがある反面、当然のことながらデメリットもあります。
任意整理を行うことによって信用情報機関に法律的な手段を用いて借金の整理を行ったことが登録されますので、その後5年程度の間はクレジットカードや新たな住宅ローンなどの借り入れについて制限されます。
すでに住宅ローンを組んで支払いを行っているなら別ですが、法律的な手続きを行ったあとにローンを組もうと考えている人の場合には注意が必要になると言えるでしょう。

任意整理の前に知っておくべき事とは?