任意整理その後※完済後の生活にデメリットはあるのか調査!

任意整理その後※完済後の生活にデメリットはあるのか調査!

 

任意整理後について

ある程度継続的な収入を得ている人が100万円から150万円程度の借金を負っている場合で債務整理の手続きをする場合、任意整理の方法で手続きをすることになります。任意整理とは借入先の金融機関と債務者の代理人である弁護士が直接交渉して今後の返済方法や返済額について合意して借金を整理していく方法です。任意整理をすることによって、比較的早く借金問題を解決をすることができるメリットがあります。

 

完済後のデメリット


そして任意整理の方法で債務整理をする場合において一つ問題な点があります。それは任意整理をしているとき、また任意整理をした後において自動車ローンを組めるかどうかということです。人々の生活には自動車は欠かせない乗り物で、ローンを組んで自動車を購入することができるかどうかはとても気になることだからです。

 

任意整理の相談はどこですればいい?


そして任意整理中・任意整理後に自動車ローンを組めるかどうかということですが、任意整理に限らず債務整理をすると5年程度信用情報機構に自分の名前が載ってしまうので、自動車ローンを組むことはできなくなります。そのため5年程度の期間は自動車はローンを組む以外の方法で購入する必要があります。
しかしいずれは信用情報機構から自分の名前が消えることになるので、その後は自動車ローンを利用することができるようになります。

任意整理の前に知っておくべき事とは?