任意整理と過払い請求について※違いってありますか?

任意整理と過払い請求について※違いってありますか?

 

任意整理と過払い請求について

任意整理は債権者と交渉し、金利の引き直しなどを行って債務の削減の和解を取り付けるものです。新しい金利で元本からの計算を行い、これまで支払った金額を差し引いて現在の残りの借金を算出します。そして残りの金額を期間を定めて返済をする約束をするのです。
この金利の再計算をするときに、以前の高すぎる金利のまま支払いを続けているといったケースがあります。

 

任意整理のメリット・デメリット

返済期間が長期に渡る事例に多いのですが、グレーゾーン金利が廃止される前に契約を行っていた場合、違法金利での返済を行っている可能性が高いです。金利の上限を超えて支払った分は請求すれば返還されます。これが過払い金請求です。

 

過払い金とは?


この過払い金ですが、金利の水準によっては元本の金額すら超えている場合があります。現在の合法な金利で再計算をすると実は既に元本の支払いは終わっており、さらに余計にお金を払っていたというケースです。こんなときは借金が消えて、その上でお金が返ってくるのです。

 

 

債務整理で選ぶ法律事務所


過払い金の存在を明らかにするには金利の再計算が必要なので、任意整理の金利再計算時に過払い金の存在が発覚することが多いです。任意整理と過払い金請求がセットで扱われることが多いのはそのためで、弁護士などの専門家に任意整理を依頼すると過払い金があるかどうかも必ず調べてくれます。

任意整理の前に知っておくべき事とは?