任意整理と保証人の関係ガイド《保証人になれるのでしょうか?》

任意整理と保証人の関係ガイド《保証人になれるのでしょうか?》

 

任意整理と保証人の関係

債務の整理をするときには、すくなからず保証人に影響がありますので迷惑をかけることになります。しかし、任意整理については、債務者本人が債権者を選んで整理をすることができます。そのため、任意整理のできる段階で処理を進めていくほうが迷惑の程度を軽くすることができます。もしも処理する債務のなかに保証人の入っている債務が入ってしまったとしても、任意整理で合意が得られ、かつ、合意内容の通りに返済をしていけば保証人が債権者から請求を受けることはありません。

 

借金問題解決策

債務者本人が返済をしていくという形に変更はなく、迷惑をかける程度は少なくなります。しかし、保証人についても信用情報機関のブラックリストに載ってしまうことになります。

 

保証人になれる?

ブラックリストに載ってしまうだけでも大きな迷惑をかけることになりますが、これが任意整理で済ませることができずに自己破産となってしまったときには、より深刻なことになってしまいます。

 

 

借金返済困難

債務者本人が自己破産をすることにより、保証人となっている債務については保証人の側に請求が行くこととなり、対象となる債務についてすべて債権者に支払わなければならなくなります。その債務の支払いについては、債権者が一括請求による強制執行を希望した場合にも拒むことができない、など、負担の重いことになりえます。そのため、自己破産などによって債務の整理をした場合には、保証人も自己破産せざるおえない事態に追い込まれるリスクがあります。

任意整理の前に知っておくべき事とは?