任意整理したらどんなデメリットがある?

任意整理したらどんなデメリットがある?

借金の債務を整理する方法の一つに、「任意整理」があります。任意整理の最大の特徴は「裁判所の手続きによらない」ということです。従って、何を目的として、どのような手段をとるのかは本人の自由です。

 

 

任意整理のデメリットはあるものなのか?

任意整理の主な内容は、消費者金融などに対して高金利(利息制限法の上限金利を超える金利)でもって返済していた金額を、利息制限法の金利に当てはめて引き直し計算を行い、払い過ぎていた利息を元本に充当させて債務を減らすことです。

 

 

任意整理のメリットとデメリット

任意整理の最大のメリットとしては、借入金額や返済期間によっては債務が減額されるだけではなく、過払い金として返還されることがあることです。また、債務整理をしたい業者だけを選んで、手続を進めることが可能です。他の債務整理のように全債権者を対象とする必要が無いため、勤務先や知人などから借金がある場合に迷惑を掛けずに済みます。それと、自分の意思で行うので、近所などに知られる心配が全くありません。
逆にデメリットとしては、債務整理に違いは無いので、ブラックリストに登録されることになり、最低5年間は新たな借入ができなくなります。また、あくまでも利息制限法を超える金利で借りていることが前提なので、金利が利息制限法内であれば任意整理はできません。そして、減額されるのも金利分だけなので、他の債務整理に比べると、大幅な債務の削減にはなりません。

任意整理の前に知っておくべき事とは?