任意整理したらクレジットカードは持てないって本当?

任意整理したらクレジットカードは持てないって本当?

クレジットカードはショッピングなどする時に便利で、誰でも1枚は持っていますよね。
現代社会に必要不可欠と言っても過言ではなく、クレジットカードですが任意整理という、債務整理を行うと使う事は作る事ができなくなるのをご存じでしょうか?

 

クレジットカードと任意整理について

借金問題を解決する制度と言えば、はやり自己破産が有名ですよね。
自己破産は確かに問題を解決する効果は大きいのですが、家などの財産を差し押さえられるなど、社会手的なペナルティーも他の債務整理に比べ、
大きい為いきなり自己破産を行うのはお勧めできません。

 

任意整理をすると

任意整理は自己破産のように借金をゼロにする事は出来ませんが、引き直し計算に基づいて大幅に元本が減額する事が出来るので、
金銭的負担を軽減できる債務整理なんです。
また任意整理は自己破産のように、家などの財産を手放す必要は無いので、利用しやすい債務整理と言えるでしょう。

 

任意整理後にクレジットカード持つのは難しい?

しかし任意整理を行うと信用情報機関、俗に言われるブラックリストに借金を整理した事が、登録されてしまいます。
クレジットカード会社はカードを作る際、まず信用情報機関の情報を照会し、カードを発行するかどうかを審査します。
信用情報機関に任意整理した情報があると、はやりカードの審査は通りません。

 

しかし信用情報機関の情報は、任意整理の場合約5年ほどで削除されるので、その後であればクレジットカードを作る事も可能ですよ。

 

借金全額免責になる自己破産もあります。
自己破産について自己破産費用についてはこちら。

任意整理の前に知っておくべき事とは?