任意整理したらブラックリストに載るって本当?

任意整理したらブラックリストに載るって本当?

借金を返しても返しても、元本が減らない・・・という借金の悩みを抱えている方は任意整理という債務整理を検討してみてはいかがでしょう?

 

任意整理したらどうなる?

任意整理は自己破産とは違い、借金はある程度残ります。
残った借金は3年間で完済しなければいけないのですが、借金の額は減りますし将来分の利息は無くなるので、金銭的な負担をかなり軽減できるんです。
しかも、任意整理の場合自己破産とは違い、家などの財産を差し押さえられてしまう事は無いので、デメリットの少ない債務整理と言えるでしょう。

 

任意整理その後

ただ、任意整理で注意したいのがブラックリストの存在です。
任意整理で借金を整理すると、ブラックリストにその情報が登録されてしまうのです。
ブラックリストは信用情報機関に登録された情報の事で、クレジットカード会社や金融会社、銀行は新情報機関の情報を参照しカードを発行するか、またローンを組んでも大丈夫かどうか判断しています。

 

 

ブラックリストに載るか?

任意整理を行っていると、貸し倒れを防ぐ為にカードの発行やローンは、見合わせとなってしまうのです。
ですので任意整理をしているとクレジットカードを作れない、ローンを組めないという不便さが出てきてしまいます。

 

一般的にブラックリストの情報は、任意整理で完済した5年程度残っているので、その間はクレジットカードを作る、ローンを組む事は難しいようですね。

任意整理の前に知っておくべき事とは?