任意整理はどのくらい期間が必要?【ブラック期間はいつまで?】

任意整理はどのくらい期間が必要?【ブラック期間はいつまで?】

借金返済困難

もしもクレジットカードなどの借金の返済が困難になってしまったら、貴方ならどうなさいますか? そんな時は親にお願いして返済を手伝ってもらうのがベストかもしれません。しかし、親も頼れる人も誰もいない時はどうすれば良いのでしょうか。
そんな時の最終的な手段として活用すべきなのが、任意整理なのです。任意整理とは、文字通り、裁判所などを通さずに任意で借金を整理することです。

 

任意整理はどのくらい期間が必要?

つまり、債務者と債権者とでダイレクトに話し合い、利息や毎月の支払いについて交渉するのです。
もちろん、その交渉によって毎月の支払い額や借金の返済総額を減らしてもらったりするのです。この任意整理は、今のペースでは完済は難しいけれど、債務者には今後も一定以上の定収があるし、明確な返済意志もある場合には最適な借金整理方法なのです。

 

任意整理の条件


ただし、任意整理は債権者に迷惑をかけてしまうことは間違いありません。それゆえ、それは金融事故の一種となってしまいます。ですから事故情報は、個人信用情報に最低五年間は残ってしまうと考えなければなりません。これによって、その期間は新たにクレジットカードの契約を行うことはできなくなってしまいます。その事故情報が消えるまでは、買い物は基本的に全て現金払いとなります。

 

任意整理の相談方法


また、クレジットカードだけではなく、消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンなど、金融機関からの借り入れも困難です。金融事故情報がある限りは、どこの金融機関に申し込んでも審査に通ることは難しいのです。しかし、五年以上経過して事故情報が消えれば、また契約できるようになります。

任意整理の前に知っておくべき事とは?